ジェネリック医薬品スーパータダライズ

ED治療薬で有名なシアリスの主成分タダラフィルと早漏防止のダポキセチン成分を一緒に配合したジェネリック医薬品です。従来の商品より、ダポキセチン配合量が増え、より早漏を強く防止するのが特徴です。EDで悩んでいる人の中には早漏が原因となっている人も多いために、同時に改善できる医薬品を飲むことで勃起力と射精までの時間を長くすることが可能になります。

スーパータダライズの効果

スーパータダライズ勃起不全(ED)と早漏(PE)の両方に効果を発揮する医薬品です。有効成分はED治療薬として有名なシアリスと同じタダラフィルと、早漏防止薬のダポキセチンの2種類を含みます。

主成分の一つダポキセチンは、アメリカ泌尿器科学会において臨床試験が行われており、早漏防止の効果が認められています。世界初の内服型の早漏治療薬として販売されており、ドイツ、イタリア、ポルトガル、イギリスなど、ヨーロッパの国々で認可されています。 ダポキセチンは、快感を脳に伝達するのを遅らせることで射精までの時間を延長し、男女の性行為のタイミング不一致を調節することでパートナーとの性交満足度を充実させます。

もう一つ成分タダラフィルは、ED治療薬で世界的に有名なシアリスと同じ有効成分です。同様に有名なED治療薬バイアグラとレビトラと同じく、陰茎の勃起を止める酵素ホスホジエステラーゼタイプ5、いわゆるPDE5阻害薬です。陰茎の海綿体平滑筋の血流をよくすることで、勃起力の改善へと導きます。バイアグラ・レビトラと同系統の薬でありがなら、最大36時間作用というところが人気の要因でもあります。(バイアグラは約5時間、レビトラは最大約10時間作用。)

スーパータダライズの飲み方

su-pa-tadaraizu

スーパータダライズは、水と一緒に飲むだけで作用し、24時間あたりの服用は1錠までが限度となります。物質の吸収をよくするためにも、コップ1杯程度の多めの水で流し込みましょう。タダラフィルもダボキセチンも、食事の影響を受けにくいので、いつでも自分の好きなときに服用できます。また、初めて服用する方は、1錠を半分に割って効きを確かめることをオススメします。

スーパータダライズの副作用

代表的な副作用は、 頭痛や顔面紅潮、身体のほてり、鼻づまり、胃もたれ、消化不良、下痢などです。これらの症状はタダラフィルの作用である血管拡張によっておこる正常な反応であり、ほとんどの人に現れる症状になります。 軽めのことが多く、効き目が消失すると同時に、こういった症状は治まります。

あわせて読みたい