ジェネリック医薬品タダシップ

タダシップは、シプラ社が製造販売するシアリスのジェネリック医薬品です。このシプラ社は、1935年に創業された海外に拠点を構える大手かつ老舗の製薬会社で、主にジェネリック医薬品を取り扱っています。シアリスのジェネリック医薬品であり主成分タダラフィルを含有する為、同様の効果を高品質、低価格で購入出来る事が人気となっております。

タダシップの効果

タダシップタダシップの主な成分であるタダラフィルは、勃起を促すcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害する効果があり、男性器の血管を拡張させ、勃起維持を補助する働きをします。タダラフィルはあくまで勃起維持の補助的役割を果たすだけで、性欲の増進や性的興奮などの効果はありません。

作用時間が20mgで最大36時間、10mgでも24時間も効果が持続するのが特徴です。タダシップは食事の影響を受けにくいという特徴があり、性行為までの時間や服用のタイミングを気にせずEDを改善できます。また、タダラフィルには血管を若返らせる効果があると言われており、事実、近年の研究により血管内の細胞を保護する作用があることが分かっています。

タダシップの飲み方

1日1錠を限度とし、服用の間隔は24時間以上は空けて下さい。タダラフィル成分は、水にほとんど溶けにくい性質の為、性行為の3時間前に服用して下さい。他の薬よりも効果が早く15~30分程度で効果が現れ、長い(24~36時間)持続時間があるのが特徴です。個人差にもよりますが効果が出るまで30分~4時間と様々な為、平均時間を取っております。

最大限の効果を得る為に空腹時の服用をオススメします。食事による影響は少ないですが、油分の多い食事・過剰なアルコールの摂取はタダシップの効果が薄れる可能性がありますのでご注意下さい。

アルコールを服用することによる作用増強や作用減弱というデータは報告されていませんが、多量にアルコールを飲んだ場合、血圧が下がり、起立性低血圧という症状も報告されています。アルコールと併用する場合は、リラックス効果が得られる程度の量にして下さい。

初めてご利用の方は、ピルカッター等で割って10mgからの服用をオススメしています。

タダシップの副作用

飲み方

タダシップは副作用の少ないED治療薬ですが、 消化不良、頭痛、鼻づまり、視覚異常、背部痛、筋痛など軽度の副作用の報告があります。これは薬剤の主作用が血管拡張作用であり、それに由来するものです。バイアグラやレビトラと比べれば、その可能性は低いといわれておりますが、実際多くの方が、顔のほてりを経験されているようですが、多くは一時的な症状で収まります。特に心配はありません。

あわせて読みたい