ジェネリック医薬品ビダリスタ

ビダリスタはED(勃起機能障害)治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品です。ビダリスタもシアリスと同じ主成分タダラフィルが配合されており、 シアリスとほぼ同じ効果を得ることができます。

ビダリスタの効果

ビダリスタ主成分タダラフィルは、勃起を妨げる酵素「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)の働きを阻害して勃起を促進しています。神経や血管に問題のある、器質性勃起不全に加え、心因性の勃起不全にも効果を発揮してくれることから、ビダリスタは、幅広いEDの症状に対応するお薬として、注目されています。シアリスと同等の効果を目的に製造されおり、 服用後36時間まで機能改善効果があり、服用の際に食事の影響が少ないという点も特徴です。飲む時間にそれほどこだわらず、長時間にわたり安定した効果が期待できるとされています。即効性があるというよりは徐々に自然にペニスが勃起してくるようになります。そのため、性行為も自然にしっかり満足できるようになるでしょう。

ビダリスタの飲み方

ビダリスタは、 水に溶けにくい成分のため性行為の1時間前など余裕をもって服用してください。長時間持続できるので、どんなタイミングで服用しても構いません。1日の限度量は1錠剤のみで、服用後は36時間以上空けてください。ビダリスタは、グレープフルーツ(ジュースを含む)と一緒に服用してしまうと、薬の吸収を早めてしまい、強い副作用がでてしまう危険性がありますので注意してください。

ビダリスタは20mgのみの販売となっていますが、10mgでの使用の場合はピルカッターで半分にすることで少量で服用することができます。すると1回分あたりのコストパフォーマンスも向上します。もしかすると薬が効きすぎる場合もありますので試しに少量から始めてみるのがお勧めです。

ED(勃起不全)は、焦りや精神的なストレスによっても生じます。可能な限り、リラックスできる環境で性行為を楽しむことも、ED治療の第一歩なのかもしれません。

ビダリスタの副作用

副作用

副作用として多い症状は、 偏頭痛・顔のホテリ・消化不良などの報告を受けています。その他には、めまい・鼻水・鼻づまり・腰痛・筋肉痛・下痢・発疹の症状もあります。ほとんどの人が感じる副作用ではなく、約3割の人が実感するという程度の副作用なので、発症率的には低いといえるかもしれません。万が一副作用が生じたのであれば、医師に相談する必要があります。また服用後しばらくの間、車の運転には十分注意して下さい。

あわせて読みたい