ED治療薬レビトラ

レビトラ

レビトラはバイアグラの次に販売された世界で2番目のED治療薬です。最も特徴的なのは即効性です。服用してから早ければ15分、平均しても20分から30分で効果が現れるとされています。ドイツの製薬会社バイエル薬品から2003年に販売されました。それまではED治療薬と言えばバイアグラでしたが、レビトラの登場でED用治療薬の選択ができるようになりました。

レビトラの有効成分は「バルデナフィル」です。バルデナフィルは、海綿体平滑筋を弛緩する成分であるcGMPを分解する、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害します。cGMP分解酵素・PDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することで、cGMP濃度を高め、海綿体平滑筋を弛緩させ、陰茎を勃起させます。

服用することで、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋が緩まり、海綿体への血液の流入量を増やす作用があります。性的興奮や刺激を受けると、性行為を行うのに十分な勃起を促し、維持させることが出来ます。

この薬に最も期待されるものは何といっても内服してから効き始め迄の速さが同系統の薬の中で最も早く、即効性に優れた成分を含有していることです。

レビトラ 特徴

短い時間での効果を期待する事が出来るので、例えば相手と急にホテルに行く事になった場合等にも効きの速さが急な出来事にも対応出来る様になり、男性の方の勃起状態を起こす迄 をしっかりと補助してくれます。

効果は10mgで5時間~6時間、20mgで8時間~10時間継続します。また、性的な刺激や興奮を受けることで初めて、効果が現れます。服用して時間が経ったからといって勃起をするわけではなりませんので注意をしてください。レビトラは空腹時でないと服用できないバイアグラとは異なり、空腹でなくても800kcal以内の食事であれば食事と一緒に服用することができます。

レビトラには、即効性と持続時間の長さといった従来のED治療薬に比べて、導入しやすいメリットを多く持ちますが、その一方で医薬品としての副作用も存在します。その症状は頭痛やほてり、鼻づまりの他、めまいや動悸、頻脈が一般的です。レビトラを含む血管拡張作用を持つED治療薬において、ほてりや目の充血は良く見られるものであり、頭痛や鼻づまりも同様、動悸についても一時的な症状であると報告されています。まれにまぶしさや目のかすみを感じるケースもありますが、こちらも一時的症状であるため心配は必要ありません。

レビトラ 通販

あわせて読みたい